HOME
ニュース
業務内容
設計事例
お問い合せ
会社案内
プライバシーポリシー
採用情報
ニュース
 
日本橋弥生ビルディング
撮影 ナカサアンドパートナーズ
   
  東京・茅場町の角地に竣工した日本橋弥生ビルディングは、大通りに面する北西側が全面ガラス張りのオフィスビル。空調設備に関しては、設計初期段階ではバリアファンを使い、ブラインドボックス内にリターンする方式などを比較検討していたが最終案では、OAフロアを介して給気し、ブラインドボックス内にリターンするアンダーフロア空調方式を採用している。

照明の入れ方や効果も事前に検討し、「閉ざされた感じにはしたくなかった」という担当者の思惑も実現した。テナント階も含め、気流を乱さないアンダーフロア空調を採用した点が利用者に好評を頂いている。

日本橋弥生ビルディング 建築概要データ
 
所在地 東京都中央区日本橋茅場町1-7-1
地域・地区 商業地域、防災地域、街並み誘導型地区
建ぺい率82.46%(許容100%)
容積率678.94%(許容700%)
前面道路 北33m、西18.37m、南8m
敷地面積 530.65m2
建築面積 437.60m2
延べ面積 3602.77m2(駐車場357.64m2を除く)
構造・階数 S造・一部SRC造、地下1階・地上8階
高さ 最高高34.91m、階高3.80m、天井高2.70m
導入設備 床置型パッケージエアコンによるアンダーフロアー空調方式
簡易エアーフローウインドー方式(ガスヒートポンプエアコン)
小型貯湯式電気温水器による局所給湯方式
高圧受電方式
全館セキュリティ設備(ICカード等)
防災設備
建築設計 栗生明+栗生総合計画事務所
設備設計 株式会社共立システム設計事務所
 
HOME ニュース 業務内容 設計事例 お問い合せ 会社案内 プライバシーポリシー 採用情報
共立システム設計事務所
Copyright(C)2006 Kyoritsu System Design Office. All Rights Reserved.